MOM&POP Blog


今日は、改めましてアイダホ・レザーのベルトをご紹介します。
プレーン、バスケット・ウェーブ、アイダホ・サリンガ(アイダホの州花)の
3種類を常にご用意しておりますが、その中から今回は一番シンプルなプレーンについてご説明を。

アイダホ 021.jpg

現在、ハンドメイドと呼べるMade in U.S.A.のベルトはどれ位存在するのでしょうか?
趣味のレベルは別とし、ハンドメイドに拘りビジネスを続けているベルト・メーカーは、
本当に数えるほどしか残っていません。
アメリカ国内にあるほとんどのベルト・メーカーはレザーを裁断する際、型を用いてプレス裁断をし、
同時にバスケット・ウェーブ等の柄をエンボス(型押)する方法を取っています。
アイダホ・レザーのベルトは、上質なサドル・レザーをオーナーであるベン自身が顧客の
オーダーに合わせた幅と長さに1本、1本切り分けていく作業からスタートします。
切り分けられたレザーは面取り専用の機械で角を落とし、最後はサンド・ペーパーを用いて
丁寧に仕上げられます。

IL-Belt092413002.JPG

アイダホ・レザーでは、オイル・タンとブラックの2色をご用意していますが、
元々のサドル・レザーは、ベージュに近いかなり明るい色をしており、
それに強度としなやかさを加える為に、カット済みのレザーをニーツ・フッツ・オイルの
タブにさっと2度通し、オイルを染み込ませる作業をします。
オイルの中に長く漬け込み過ぎると逆にレザーに腰が無くなり、ベタ付きの原因になる為、
オイルに通す秒数は原皮の状態を考慮した職人の勘によって決められます。
オイル・タンという呼び名はこの工程から名付けられ、やさしいアメ色となって世に送り出されます。
更に使い込んでいくと経年変化を起こし、何とも言えない赤みを帯びた
ブラウンへと成熟していく訳です。
一方ブラックは、ニーツ・フッツ・オイルに通常1度通した後
(原皮の乾燥状態によって2度通す事も)、若干の湿り気を残した状態まで乾燥させ、
独自にブレンドをした秘伝の塗料を刷毛で塗り込み染色していきます。
使い込むほどに表面からは当たり出初め、黒の隙間から茶芯が浮かび上がってきます。
数年も着用すれば、ヴィンテージのベルトと見分けがつかない状態にまで表情を変化させます。

IL-Belt092413001.JPG

IMGP5646.JPG

そして、弊社が取り扱うこれらのベルトのみ、アイダホ・レザーが1950年代より使用している
砂型の8角スチール・バックルを標準装備しています。
勿論、全てノース・アンド・ジャッド社製の当時物デッド・ストックになり、
バックル裏には同社のアイコンである錨マークが入ります。
余談ですが、レプリカ・ブランドが使用している8角バックルのほとんどは
このノース・アンド・ジャッド社のバックルを元にして作られたレプリカ製品になります。
創業当時と同じ場所で、同じ職人が、同じ素材を使い、同じ道具と工法で
丹精込めて造るアメリカン・トラディショナルを是非ご堪能下さい。


ページ先頭へ


ウェブサイトがリニューアル致しました。
新たなコンテンツとしてInstagramMovieなども
加わり、店舗で取り扱いしているブランドをより
分かりやすく引き続き閲覧出来るようになっております。
日々、誰にでも動きがあるようにサイトからも躍動感を
感じていただければと思います。ご活用をお願い致します。
このBlogもここでしか表現出来ない事柄を
引き続きお伝え出来ればと思っております。
宜しくお願い致します。

vintageblue.co.jp


_4150185.JPG

ページ先頭へ


週末のご来店ありがとう御座いました。
昨日の8月31日はBLACK SIGN TOKYOのオープン記念日でした。
昨夜はいつもサポートしてくれている友人等がひっそりと
祝ってくれとても良い一日となりました。
これも日頃から足を運んで頂いている皆様あっての事と感謝致します。
今日から月が変わり9月となりますが、先週位からすっかり
気候も変わり、気がつけば蝉ではなく鈴虫の声も聞こえて来ております。
週末にかけてはいよいよ本格的に定番アイテムを含めた
秋冬ものが立ち上がりとなります。ショップもレイアウトを変え
皆様のお越しをお待ちしています。
今シーズンもよろしくお願い致します。

BLACK SIGN TOKYO
竹重 和俊

IMG_4833.jpg


ページ先頭へ



遅まきながら Instagram の"MOM&POP NAGOYA オフィシャルアカウント"がスタートしております。

ss 002.png

取扱商品の紹介がメインとなりますが、Instagram ならではのスピード感ある最新情報 ・ 「あー、そういえばそんな商品もあったっけ」的な情報 ・ Instagram をご覧頂いた方だけのお得な情報 などなど出来れば毎日更新していきたいと思っております。

よろしければフォローお願い致します。


これを記念して本日より(インスタグラムあまり関係ありませんが、、、) オンラインストアにて\10000以上(送料・手数料込みです)お買い上げいただいた方に懐かしのMOM&POPオリジナル・バンダナをプレゼントいたします。

店頭にてお買い上げの方も"インスタ見た!!"でプレゼントします。

DSCN3501.jpg

数に限りがありますので、バンダナが無くなり次第終了とさせていただきます。

※3色(ネイビー・ブラック・ホワイト)ご用意しておりますが、色のご指定はできませんので予めご了承ください。


小物ばかりですが、秋冬物もボチボチ入荷しておりますので是非この機会に。

ページ先頭へ

ある意味、究極のヴィンテージ・ベルトバックルなのではないでしょうか?


50年代にノース&ジャッド社によって作られたこの八角のバックル。
DSCN3087.jpg

砂型で作られたスチール製のバックルはその表面に独特の質感を持っています。


裏側にはノース&ジャッド社の証である"錨マーク"。
DSCN3090.jpg

このマークは当時の古着の金具やヴィンテージ・ヘルメットの金具などにも見られます。


とても希少なバックルですが、現在当店で取扱中のアイダ・ホレザーの全てのベルトにはデッドストック状態で付いています。

もちろんストックが無くなり次第販売終了となりますが、創業から長い歴史を持つアイダホ・レザーならではのスペシャル・アイテムです。

と、ここまではシングル・ピンのお話。。。



なんと今回、そのノース&ジャッド社の八角バックルの中でもさらに希少な"ダブル・ピン"タイプが極少量ですが発掘されましたのでオンラインストアにて限定販売させて頂きます。

【Online Store Limited】
Plain Belt Dead Stock Double Pin Buckle /Black

DSCN3076.jpg

DSCN3082.jpg

DSCN3086.jpg

もちろん"錨マーク"入りの正真正銘デッドストックです。

あまりにもバックルの数が少ないため、32・34・36インチの3サイズ、プレーン・タイプのブラックのみの販売とさせていただきます。


以前ストックが無くなり販売が終了してしまった経緯も含め、おそらく今回が手に入れていただける最後の機会かと思います。(たぶん。。。です。)

お探しだった方、ヴィンテージ・マニアの方、是非ともこの機会に。


ページ先頭へ

Monthly Archive

About MOM&POP

MOM&POP NAGOYA

名古屋市千種区千種3-35-8 吹上ビル2F

Open/Close - 11:00-20:00/水曜日

TEL/FAX 052-734-6914/052-734-6915

info@mompop.jp


BLACK SIGN TOKYO

東京都渋谷区東3-14-22 HAKUZEN Bld.1F

Open/Close - 12:00-20:00/水曜日

TEL/FAX 03-6427-2788/03-6427-2799

info@blacksigntokyo.com


https://mompop.jp/

More Info
MOM&POP Instagram
BLACK SIGN TOKYO Instagram
ページ先頭へ