MOM&POP Blog

Churchill Glove 価格改正について

バイクに乗られる方にとってはとても良い気候が続いているのではないでしょうか。
カットソーにベストやライトアウターを一枚さらっと羽織ってバイクに乗るのは
気持ちが良いですね。毎週各地でイベントも多く、盛り上がっている話を耳にします。
バイクに乗るヒトにしか味わえないこと沢山ありますよね。大切にしたいものですね。


さて、今月末頃にチャーチル・グローブが各種入荷となります。
今回の入荷よりチャーチル社の原材料の値上がりや為替の変動の為、
価格改正を致します。いつもご愛用頂いてる皆様には
ご迷惑をお掛けしますが予めご了承下さい。
入荷やWeb Siteのアップーデートもこちらからお知らせ致します。

All Season Glove
1Color : ¥12600 → ¥14,490
2 Tone Color :¥13,650 → ¥15,540

CG-AS100713.jpg

CG-AS002100713.jpg

Winter Glove
1Color : ¥15,540 → ¥16,590
2 Tone Color : ¥16,590 → ¥17,640

CG-(10).jpg

CG-Inner002100713.jpg

Gauntlet Glove
¥19,740 → ¥22,890

CG-Gun100713.jpg

【J.CHURCHILL GLOVE Co. 】
もともと創業者のジェームス・チャーチルはワシントン州・セントラリアの町を
馬にリヤカーを引かせて金物や陶器を売って歩く行商人でした。
1890年代初期のセントラリアはまさにどん底の時代であり苦難の日々が続く毎日。
行商するうちに地元インディアンと知り合ったジェームスは
動物の皮と陶器を物々交換するようになり、こうして手に入れた皮を地元のなめし職人のところへ
持ち込み、出来上がった革(ディアスキン)で
夕食後グローブを造り始めたのがチャーチル社の始まりです。
1897年にはそれまでしていた行商を辞め、セントラリアにグローブ専門店を開業し、
1932年には息子のナイル・チャーチルが父の意志を受け継ぎ、その後ナイルの息子であり
現社長のマイクが継承して現在に至っています。身に付ける物としては人類史上、
最も古い歴史を持つ皮とうい素材。もともとカウ・ボーイが手綱を握る時に使ったこの道具は現在、
ハンドルを握る道具としてバイカーとは切っても切れないギアとなりました。
アメリカン・グローブ業界のほとんどが中国生産にシフトしている中、
チャーチル社はとても貴重なMADE IN U.S.Aのファミリービジネスを守り続けています。

< 秋の装いに・・・  |  Churchill Glove 価格改正について  | ≪RACE!!!≫ Board Track Cycling ... >

Monthly Archive

About MOM&POP

MOM&POP NAGOYA

名古屋市千種区千種3-35-8 吹上ビル2F

Open/Close - 11:00-20:00/水曜日

TEL/FAX 052-734-6914/052-734-6915

info@mompop.jp


BLACK SIGN TOKYO

東京都渋谷区東3-14-22 HAKUZEN Bld.1F

Open/Close - 12:00-20:00/水曜日

TEL/FAX 03-6427-2788/03-6427-2799

info@blacksigntokyo.com


http://mompop.jp/

More Info
MOM&POP Instagram
BLACK SIGN TOKYO Instagram
ページ先頭へ